転機は突然やってくる話

こんにちは。

最近少しサボり気味な私ですが、今日は植物でもなくバイクでもなく転機のお話でも少し。

 

転機ってものは突然やってくるんですよ。

とある公募に書類を送ったのが1月末、試験があったのが2月中旬でした。

結果が出たのは試験日から3日後で、会社に退職願を出したのがその翌日。

試験自体は簡単でした。

特に対策もせずスラスラとける内容。

これの何が難しいのだろうかと思いつつ、これでつまずく人はいつまでも受からないのだろうなとも思ってしまうような内容でした。

問題は面接。

何年振りかの面接にかなり緊張してしまって、言いたいことがうまく言えずカミカミ。

今まで面接補助員として多くの面接に立ち会いましたが、あの日の自分を見ることがあれば間違いなくバツを履歴書につけちゃうレベル。

それでもありがたく合格させていただきまして、4月から新天地での生活が始まります。

不安もたくさんあります。

今までの考え方を捨てて、シガラミから抜け出して、新しいことへのチャレンジです。

昭和の産まれなので、昭和の呪いがかかっているんです。

その呪いを祓うための転機でもあると思っています。

こうあるべき、こうすべきは一旦捨てて、こうしたいをもっと前面に出したいです。

問題も山積みです。

越えるべき壁だらけです。

でも、それでもやってみようと思って、思うだけではなく行動に移した。

行動には責任が発生する。

この責任をきちんと果たせるよう頑張るつもりです。

ってこういう考えが昭和の呪い何ですよね。

やることやって生活もきちんとする。

それだけですよ。

気負ってしまうと目が曇ってしまいそうなので、なるべく前向きな気持ちでいたいですね。

 

考えるのはやりながらでいいから、とりあえず一歩前に出てみます

この転機で私は産まれ変われると思っています。

しばらく更新はのんびりな感じになると思いますが、植物たちものんびりと育っているので、彼らの成長報告も近いうちに報告したいと思います。

それでは、4月からは新しい私をよろしくお願いします。

 

 

 

ランキング参加してます。

よかったらぽちっと応援お願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました