植物用LEDは本当に有効か(その1)

先日IKEAに行ったらなんだかかわいいアイテムがあったんですよ。

何かというとこういうやつです。(組立後)

これ、もしかして多肉植物とか入れてホッカイロ一個置けば冬場は簡易温室になるんじゃね?という安易な考えで買いました。

実際入れてみると可愛いのでまったく後悔はしていないです。

たてつけはゆるいので持ち運びが不便ですが・・・。

しばらく出窓のところに置いてかわいがっていたのですが、どうも光が足りていないようで少し徒長気味になってました。

ということで、植物用のLEDを買ってみました!

ついでにクリップできるスタンドも!

こんな構成です。

 

これで多肉ちゃんたちが元気になれば!

でもさ、このLEDって本当に植物に効いてるのかな?

素朴な疑問が頭に浮かびました。

原理はわかっているんです。

青色と赤色をいい感じに当てると植物は育つということを。(適当)

でも全部に当てちゃったらLEDのおかげで元気になったかわかりにくいじゃないですか。

そうですよね。

そう思ったんです。

ということで、比較するためにトマトの苗をゲットしてきました!

ゲットというか、育てたんですがね。

レジナという品種で、室内で育てれるミニトマトの一種です。

5号プランターでも十分育つらしいのですが、我が家には7号しかないのでそれに植えてみました。

その分大きくなるのかな?

まぁそれは育ててみてのお楽しみ。

種から育てたいという人はこちらからどうぞ。

ということで、今回私は種から育てました。

俗に言う水耕栽培の状態で小さい苗まで育てて、その後プランターに移しました。

6月25日の時点でこんな感じです。

左をレジナA、右をレジナBと名づけました。

レジナBの方がちょっと育ってる感じです。

この状態で毎晩私が家に居る間はLEDに当てたいと思います。

もしレジナAの成長がレジナBの成長を追い抜くようであれば、それはLEDすげぇ!ってことになります。

また多肉ちゃんたちの徒長が止まればそれもまたLEDすげぇ!ってことですね。

あれ、多肉ちゃんたちの徒長が止まればいいからトマトをわざわざ買う必要はなかったのかな・・・?

いや、野菜不足を解消するにもトマトはいい!

ビタミン万歳!リコピン万歳!

それに去年はベランダで何も育ててなかったしね。

今までは毎年のようにトマトを育ててましたし、今年はレジナを育てるということにしましょう。

よし、そうと決まれば設置だ!

出窓に植物を置いて、LEDが上のカーテンレールに絡まってる感じです。

うんうん、いい感じ。

左から順に、多肉・レジナA・レジナBとなります。

実際にライトをつけるとこんな感じになります。

レジナBにも少しあたるな・・・。

ライトをつけるときは下に下ろすようにします。

別角度からだとこんな感じ。

元気になってくれよ、多肉ちゃんたち。

そしておいしいトマトが採れるといいな。

植え付けが遅いというか、種からだったので、収穫は8月かな?

どうなんだろう。

LEDのおかげで成長がはやくなるならもう少し早く採れるかも?

まぁ、随時成長の過程は報告していきます!

ついでに、夜だけ出窓の下に亀甲竜たちも置いて日照不足を解消しよっと☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です