多肉植物

園芸

メストクレマツベローサム育成記録(その1)

持つべきものは植物仲間。 先日メストクレマツベローサムの実生苗を抜き苗でいただいたのです。 それの育成記録をつけていこうと思います。 まだ正直何もしてないです。 なんせ届いたところですから。 苗は2つあります。 ぱっと見多肉植物ぽいですが、育つと塊根植物らしいゴツゴツした感じになります。 今から楽しみで仕方ないです。 ということで、これから植え付けを行おうと思います。 プラステラ...
園芸

アデニウムオベスム育成記録(その5)

アデニウム・オベスムの育成記録です。 タネを植えてから70日たちました。 みんなそれなりに大きくなってきましたよ。 それでは早速様子をみていきましょう! 最初から読みたいなという方がいましたら、こちらからどうぞ! さて今日はいいニュースと悪いニュースがあります。 どっちから行こうかな。 悪い方で終わるのは後味が悪いので、悪い方から発表することとしましょう。 既に予想が付いている方もいると思いま...
園芸

アデニウムオベスム育成記録(その4)

アデニウム・オベスムの育成記録です。 タネを植えてから47日たちました。 かなり大きくなってきました。 それでは様子をみていきましょう! 最初から読みたいなという方がいましたら、こちらからどうぞ! さてはて、まずは残念なお知らせが1つあります。 ログアウトしてしまった子が1つ発生しました。 なので、9タネ中7タネ元気に生きています! 1番最初に芽を出したのが右上です。 か...
園芸

亀甲竜育成日記(その17)

第一世代は種を植えてから524日目。 第二世代は種を植えてから229日目。 かなりお久しぶりです! 暖かくなってきましたね。 第一世代亀甲竜たちと第二世代亀甲竜たちの成長具合の報告をしようと思います。 ちょっとだけ復習しましょう。 亀甲竜は冬型の塊根植物です。 という事は冬に元気になって夏に休眠するという事です。 最近室内が35度近くまで上がるのですが、亀甲竜たちもそれを感じ取っていたようです。 ...
園芸

アデニウムオベスム育成記録(その3)

アデニウム・オベスムの育成記録です。 タネを植えてから31日たちました。 まるまる1ヶ月ですね! さっそく様子をみていきましょう! 最初から読みたいなという方がいましたら、こちらからどうぞ! さて、9タネでスタートした今回の育成記録ですが、結局1つ芽が出ませんでした。 残念です。 上段中央の子はタネの殻がなかなか取れず、結局ピンセット使ってはがしてあげたのですが、あまり元気が戻らなくてもしか...
園芸

センナ・メリディオナリス実生株のその後

愛知県春日井市にあるガーデンセンター不二さんの方で実生のセンナ・メリディオナリスをゲットしたのですが、その後についての話を少ししようかと思います。 いつそんなの買ったのよ?って人はこちらを読んでくださいな。 さて、購入した時に一度葉が落ちると言われたのですが、正直そんなこと信じていませんでした。 でもね、本当だったんです。 我が家に来た時はこんな感じに葉も閉じてなんだか少し頼りない感じでした。 豆科の植...
園芸

アルブカ育成日記(その4)

アルブカコンコルディアナムの実生チャレンジ! 2019年10月26日に植え付けてから211日(2020/5/24時点)経過しました。 かなりおひさしぶりになりますが、経過報告です! 冬型なアルブカコンコルディアナムは暖かくなると葉っぱが枯れます。 そこらに生えてる木が冬に葉を落とすのと同じ現象です。 で、やっと全て枯れました! こうやってみると、なんか全滅したような感じですね・・・。 全滅していないといいの...
園芸

アデニウムオベスム育成記録(その2)

アデニウム・オベスムの育成記録です。 タネを植えてから16日たちました。 様子をみていきましょう! 最初から読みたいなという方がいましたら、こちらからどうぞ! さて、9タネでスタートしたこの育成記録ですが、現在8/9(88.89%)の発芽率です。 やったね! 左上の子が未だに発芽しません。 さすがにダメかもしれませんね。 だとしても8つ芽を出しているので私は大満足です。 ...
園芸

水耕栽培でハオルチアは復活するか(その10)

調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて77日たちました。 本日は定期報告のような感じです。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 今夜のハオちゃんはこんな感じです。 かなり育ってしまってます。 なんかいろんなのが写り込んでいますが気にしないでください。 だいぶ花芽が伸びてきました。 もうちょっとで最初の蕾が離脱して花を...
園芸

アデニウムオベスム育成記録(その1)

すでにアデニウムアラビカムは育てていますが、実生はしたことないので砂漠のバラことアデニウムオベスムの種を買ってみました。 会社の方にいくつか種を分けたので9タネで実生記録をつけていこうと思います! タネはすごく細くて、1cmぐらいの薄茶色なタネです。 どっちが上でどっちが下なんだろうか・・・。 10タネで購入したのですが、15タネあったので、会社の方に6タネお分けしました。 なので、最初に書いた通り9タネ育てることにな...
園芸

水耕栽培でハオルチアは復活するか(その9)

調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて65日たちました。 本日は定期報告のような感じです。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 今夜のハオちゃんはこんな感じです。 花芽がだいぶ立派になってきました。 右下の根っこは成長がほぼ止まったというか、かなりスローペースになってきました。 水がないと気がついて成長が止まってきたのかな...
園芸

ピグマエア錦育成記録(その1)

持つべきものは植物仲間。 先日ハオルチアピグマエア錦の種をいただきまして、それの育成記録をつけていきたいと思います。 まず種についてですが、ほぼ砂粒です。 種って言われなかったら種とわかりません。 直径1mmぐらいです。 ピンセットでつままないと無理です。 これ本当に種?といったサイズです。 とりあえずこれを水に漬け込みます。 36時間ぐらいであげようと思っていたのですが、気がつくと48時間ぐ...
園芸

水耕栽培でハオルチアは復活するか(その8)

調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて51日たちました。 最近はあの頃の面影もなく、すっかり元気になっています。 本日はちょっときになるところの報告です。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 今夜のハオちゃんはこんな感じです。 花芽もちょっとずつ大きくなってきています。 そして全体的にぷっくりして、徒長してない葉っぱが増え...
園芸

水耕栽培でハオルチアは復活するか(その7)

調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて40日たちました。 なんだかんだいって水耕栽培でかなり復活してきています。 このまま水耕栽培でずっと育てるのもありかなと少し考えています。 とか言いつつ、本日は事件のご報告です。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 さて、今朝綺麗になったな〜とうっとり見ていたんですよ。 東向きの出窓で育てている...
園芸

アデニウムの育て方

「砂漠のバラ」とも呼ばれ綺麗な花を咲かせるアデニウム。 その基本情報から育て方のコツや冬に枯らせないための工夫をまとめてみました。 みんなで元気なアデニウムを育てましょう! 基本情報 アデニウムとは アラビカ半島やアフリカ原産のヨウチクトウ科アデニウム属の多肉植物です。 多肉植物の中でも茎や根が太く膨らんでいるのが特徴で、乾燥地帯でも生きていけるように水分が多く蓄えられるようになっています。 ずんぐりむっくりな樹形はな...